名古屋伏見駅から徒歩2分の好立地のパーソナルトレーニングスタジオnano。

痛み・姿勢・動きを改善し、セルフコン
ディショニングが習得出来るマンツー
マン指導専門スタジオnano

痛み・姿勢・動きを改善し、セルフコンディショニングが習得出来るマンツーマン指導専門スタジオnano

ブログ

  • 2019.05.12 肩こり改善

    肩こりセルフチェック方法Part2
    パーソナルトレーニング&ピラティススタジオnano伊藤

    こんにちは、名古屋駅徒歩1分・伏見駅徒歩2分にある

    痛み・姿勢・動き専門のパーソナルトレーニング&ピラティススタジオnanoの

    伊藤凌平(いとうりょうへい)です。

     
    Ryouhei Ito-1.jpg
     
     
     

    今月は「肩こり」をテーマにお送りしております。

    前回、肩こりになる原因として

    自律神経の関係についてお伝えをしました。

    前回の記事はこちらから

    https://www.studio-nano.com/blog/2019/05/nano_42.php

     

    本日は肩こりのセルフチェック方法についてお伝えします。

     

    肩こりのセルフチェックでは

    押して確認をする方法と動かして確認する方法があります。

     

     

    前回が「押して」肩こりの確認方法だったので

    今回は「動かして」確認する方法をご紹介します。

     

    ・まず、一つ目の確認方法が

    ①手の甲を合わせるようにしながら、背中を丸めるような動きをします。(図①)

    ②今度は胸の前を広げるような動きをします。(図②)

     

    IMG_4812.JPGIMG_4813.JPG

    (図①)          (図②)

     

     

    ①と②の動作のやりやすさを確認してもらい、

    ※①の動作の方が動かしやすい方は肩の位置が前に移動しており、肩に負担がかかりすくなってしまい、

    これも肩こりの原因の一つともなります。

     

    ・二つ目の確認方法が

     

    ①良い状態の肩回しは、(図①)のような肩と肘が斜め下方向に引きながら回せている動きです。

    ②悪い状態の肩回しは、(図②)のように後ろ回しがいきにくく、背中の筋肉が使いにくい状態になっていています。これも肩こりの原因の一つになります。

     

    IMG_4817.JPGIMG_4815.JPG

    (図①)良い状態     (図②)悪い状態

     

     

    ★上記の二つの方法で肩こりかも・・・と思われた方は
    日常生活で利き腕が常に前へ出していることが多く、利き腕側の前鋸筋が緊張してしまいがちです。
    そのため、利き腕が後ろへ回しにくい人は多くいます。
     
     
    デスクワークが多い人(特に利き手側ができないことが多い)
    肩が上がって、首が短く見える人
    ストレスが多く緊張しやすい人
     
     
     
    上記でご紹介させて頂いた「肩こりのセルフチェック方法」で
    「肩こり」に該当された方は、次回ご紹介させて頂きます
    「肩こり改善の為のトレーニング&ストレッチの方法」をご覧下さい。
     
    本日も最後までご覧頂きありがとうございました。
     

     

    ◆株式会社nano/パーソナルトレーニング& ピラティススタジオnano 伏見店

    〒460-0003 名古屋市中区錦2-16-10 GS第2伏見ビル6階&8階

    TEL:052-204-6533  FAX: 052-231-0344  MAIL: info@studio-nano.com

    ◇パーソナルトレーニング & ピラティススタジオnano 名古屋駅前店

    〒450-000 愛知県名古屋市中村区名駅2-44-5 第2メビウス名古屋ビル9階

    TEL:052-589-1877  FAX: 052-589-1877  MAIL: info@studio-nano.com

     

     

     

     

     

Category

Archives

指導者向けサポート